残業代が割増賃金になっていないのですが・・・


建設会社の事務職、38歳の女性です。子供が小学校に入り、念願の正社員として仕事に復帰しました。
給与に関する疑問です。
雇用契約では、1日の勤務時間は9時~17時で実働7時間。土日祝日が休日です。先月は30分の残業をした日が6日ありました。
ところが、給与明細を見ると残業した分の時間単価の割増がありませんでしたが、割増は必要ないのでしょうか?

家計を預かるお立場、ご自身の給与もしっかりチェックする視点は大切ですね。
ご質問の件、結論から申し上げると、会社側に割増計算をして支払う義務はありません。
ポイントは「所定労働時間」と「法定労働時間」です。
「所定労働時間」とは雇用契約で決めた労働時間で、今回の「1日実働7時間」になります。一方「法定労働時間」とは、労働基準法で定められた「1週間で40時間以内、1日8時間以内」という決まりです。
労働基準法では、「法定労働時間」を超えた場合に、時間単価に1.25を掛けた以上の金額を支払うよう定めています。
よって「所定労働時間」が「法定労働」よりも少ない今回のようなケースでは、たとえ残業をしても「時間単価の割増がない」残業代が支給されることになります。