夫が定年退職したら妻の健康保険はどうなる?


50歳代の専業主婦です。夫は会社員で半年後に定年退職となります。勤務先には再雇用制度があり、退職後も仕事を続けるか本人は検討中のようです。会社員の一人息子は独身で、現在私たち夫婦と同居しています。年金や税金など退職後の手続きは沢山あるようですが、特に健康保険のことが不安です。ずっと夫の扶養家族だった私の健康保険はどうなるのでしょうか。

退職前後は、様々な手続きがあります。
夫が定年退職すると、扶養家族も夫の退職の翌日から新しい健康保険に加入する必要があります。

夫が再雇用、再就職した勤務先で健康保険に加入した場合(勤務形態が加入条件を満たしている必要があります)、または現在の勤務先の健康保険の資格を継続させる「任意継続被保険者」となった場合、奥様は夫の扶養家族として健康保険に加入できます。

ところが、夫が国民健康保険に加入した場合は、国民健康保険には被扶養者という考え方がありませんから、奥様も国民健康保険の被保険者となります。

また、会社員の息子さんの収入が一定以上あり、奥様が「主としてその被保険者(息子さん)により生計を維持する者」に該当するならば、息子さんの健康保険の扶養家族になるという選択肢もあります。