「衛生管理者」とはどのような資格ですか?


広告代理店を経営しています。創業から10年が過ぎスタッフも50名を超えました。
先日、管轄の労働局から「“衛生管理者”を選任し届け出るように」との文書が届きました。
社内に声をかけてみましたが、現状、従業員の中にはこの資格を持っている者はおりません。
新たに資格保有者を採用する必要があるのでしょうか?また、衛生管理者とはどのような資格なのでしょうか?

衛生管理者とは、労働安全衛生法で定められた国家資格で、週に1回は職場を巡視し職場で働く従業員の健康を維持するために必要な職場環境の整備を進言したり、記録の管理、従業員の衛生教育などが仕事とされています。
業種を問わず、常時50人以上の労働者(アルバイト・パートを含む)がいる事業場では専属の者を選任しなければなりません。
また、従業員数に応じて設置人数も異なります。
社内に資格保有者がいればその中から選びますが、いなければ人事総務担当の適任者の中から希望者を募り、会社がバックアップして
試験を受け資格を取得してもらうのもひとつの方法です。
なお、今回のケースでは衛生委員会の設置と産業医の選任も必要となりますので留意しておきましょう。